株式会社LIMIT・岩田陽一のトレジャーリサーチは信用できる?

今年・2019年に誕生したばかりのトレジャーリサーチは、自宅にいながらにして取り組める新しい副業です。

運営している株式会社LIMITについて調査したところ、特別商取引法に基づく表記や法人情報も確認でき、十分に信頼できるかと思った矢先に、レンタルオフィスを利用していると言うことが判明しました。

このご時世において、レンタルオフィスを利用すること自体は何の問題もありません。ただ、賃貸オフィスじゃないというだけで何かと勘ぐってしまう人もいたり、安全性を不安視する人もいたりします。

そこでトレジャーリサーチの運営者である株式会社LIMITの、他の情報なども絡めながら、トレジャーリサーチが本当に安全な副業なのか検証してみたいと思います。

運営者の岩田陽一が何者か分からない?

株式会社LIMITの代表取締役は岩田陽一という人物です。この人について調べてみようと思ったのですが、ことのほか情報が出てきませんでした。判明したことはトレジャーリサーチの考案者・開発者のようだということと、株式会社LIMITの代表であるということくらいです。顔写真も本人らしきものは無く、おそらく男性でしょうが、その年齢なども分かりませんでした。

ただ、人によっては顔が見えないものを気持ち悪く思うかもしれませんが、個人的にはそこまでのこととは感じません。一般の大企業もそうですが、個人情報となり得る顔写真の情報をわざわざ掲載しているところはそんなに多くありません。過去の職務経歴も同様で、何をやっていたか程度ならまだしも、どんな会社のどんな役職で、などといった経歴も明かすことによるメリットだけではなくデメリットも大きいと思います。

そもそも、顔写真とその人物が同一であるとは限らなかったりもします。フリー素材などから拾ってきた写真が使われる可能性も充分考えられます。

ちなみに、岩田陽一という人そのものが存在しないということも証明できません。登記がこの名前で出ており、登記の際には本人確認書類が必須となるので、ここをごまかすことはできないと思います。

レンタルオフィスだったことで逆に信頼性が上がる?

住所に立ち返ります。

株式会社LIMITの住所は「東京都台東区元浅草1-6-12-508」であり、ここを調べてみると「GOGOオフィス」という建物がヒットします。このGOGOオフィスがレンタルオフィスということなのですが、GOGOオフィスはウィキペディアにもその項目があるくらいにしっかりした企業です。当然審査などもしっかりしているはずで、安全性の低い企業が容易に借りられるとは思えません。

もちろんこれだけで「イコール安全」とするのは暴論ですが、一部だけを取り上げて「信頼できない」と決めつけてしまうことも良いこととは思えません。今回のケースでは、レンタルオフィスを利用していることがその周辺情報から逆に信頼性をより高めたのではないか、とさえ思います。

メールや電話による問い合わせ窓口も設けられているので、気になる点は直接確認することをお薦めします。もしかしたらここで書いたこととは異なる情報も出てくるかもしれません。その場合は私も記事を修正したいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA